スリープ状態から復帰後、タッチパネルが反応しない | Gechic
解決策を検索して見つける
< All Topics

スリープ状態から復帰後、タッチパネルが反応しない

Q:スリープ状態から復帰させた後、タッチパネルが効かなくなるのですが?

📌A:Windows 11/10 の PC が待機状態に入ると、USB デバイスの電源は自動的に切れるように設定されています。PC が待機状態から起動状態に復帰した場合、タッチパネル機能が無効になったり、USB-C の映像信号が入力されていないなどの問題が発生した場合、PC を USB デバイスの電源を自動的に切れないように設定することをおすすめします
① [コントロールパネル」>「ハードウェアとサウンド」を開いてください。>[デバイスマネージャー」を開きます。

② [ユニバーサルシリアルバスコントローラー」を展開→「汎用 USB ハブ」を見つけ、ダブルクリックして「プロパティ」ウィンドウを開きます。
[ 注: PC に複数の汎用 USB ハブデバイスがある場合は、[イベント]をクリックし、[情報]でVID 番号を確認します。VID 番号は 058F である必要があります。]

③ 「電源の管理」タブを選択し、「電力の節約のために、コンピューターでこのデバイスの電源をオフにできるようにする」のチェックを外し、「OK」をクリックします。